東証システム障害で話題の富士通【6702】未来に暗雲あり?

この記事は約4分で読めます。

先日の東証システム障害はかなり驚きました。最初は「システムは基本的に冗長化されているから、不具合ではなくサイバー攻撃ではないか」と噂されていましたが、結局メモリの不具合と本来作動するはずだった予備システムへの切り替えが作動しなかったことが原因だったようです。

東証のシステムは富士通製だったようで、富士通は翌日株価400円近く下落してしまいました。システムが切り替わらなかった原因がまだつかめていない為、さらに下落する可能性もあるでしょう。

さて、富士通といえばサーバー・システム分野でトップシェアを誇る超大企業です。そこで富士通について少し調べたのですが、社内の実態はどうやらかなり闇が深いようです。もしかすると投資するのは控えた方がいいかもしれません。

今回は、富士通の実態について解説していきます!

事業内容

富士通は前述したとおりサーバー・システム分野でトップのIT企業ですが、事業は大きく分けてテクノロジーソリューション、ユビキタスソリューション、デバイスソリューションの3つから成り立っています。

テクノロジーソリューションでは、主にシステム構築、クラウド、サーバー、ソフトウェア、ネットワーク管理システムなどがあります。このなかには今回の東証システム「アローヘッド」も含まれています。

この分野の殆どは、電話会社、官公庁、その他大企業のような大規模システムを得意としています。例えば工場の運転システム、決済システム、災害のシュミレーション等多岐に渡ります。

ユビキタスソリューションは、パソコンの製造です。一般的にはコチラの印象が強いですよね。キビキタスとは、どこでも情報を得られるという意味らしいです。

デバイスソリューションは、半導体、電池などの電子部品のことです。

業績

5年間の業績

5年間の売上高です。年々減少しており、今年度も減収予想となっています。

5年間の利益です。売上高とは打って変わって増加傾向にあります。経営効率が上がって営業利益率が上がっていますね。今年度は前期からほぼ横ばいという予想になっています。

続いてEPSの推移です。2017年以降は大きく跳ね上がっています。おそらく大規模な自社株買いがあったのでしょう。

従業員が年々減っている

富士通は2000年頃から、大規模なリストラを実施してきており、現在も続いてきます。

リストラの原因は間接部門の人員が多すぎることです。「間接部門」とは利益に直結する「直接部門」の支援する部門を指します。例えば、人事、経理、総務等の部門のことです。一般的に直接部門と間接部門の比率は9:1といわれていますが、富士通は約14%もいるようです。

営業利益が増加しているのは?

5年間の業績で、売上高が年々減少しているのに営業利益が増加しているのは一体なぜでしょうか。もしかすると、従業員リストラによる経費削減によって利益増になっているのかもしれません。

2018年度→2019年度の売上原価と販管費はどちらも費用減少しており、数千人規模のリストラを実施していれば、この金額差くらいの削減にはなりそうです。

もし人件費削減が利益率を上げている要因なのだとすれば、いつか頭を打ちます。しかし、問題はその後です。果たして人員削減した状態で、今度は売上高を伸ばすことが出来るのでしょうか。

社内の実態

退社した方のブログが沢山ある(笑)

富士通について調べようとしたところ、退社したというブログがいっぱい見つかりました。(笑)富士通の主な問題点は、年功序列で評価、技術が手法が古い、未来が暗いなどがありました。いわゆる大企業病ですね。

新人のころは単純作業をさせられて、ベテランになったら首を切られるという将来なら…という人は多いのかもしれません。

富士通を退職した話
富士通の営業職を入社5年目で辞めた理由【退職エントリ】
5年いた富士通を退職した理由

今後の見通し

投資対象として危険

ぱっと見れば、利益率は向上しており、キャッシュフローも健全です。ITインフラとしての実績も申し分ないので投資にはうってつけ!となりそうですが、やはり成長性が見えてきません。

高配当株に投資するのであれば、このようなインフラ企業がおすすめです。しかし、利回り1%台と低いので他の銘柄でやるべきでしょう。

今現在で株価が14000円台でPER17倍程度でやや割高という印象ですが、私にはかなり割高に見えます。投資は成長性の高い銘柄に投資するのが基本です。割安株投資をするならなおのことです。

今回は、東証事件から富士通を分析してみましたが、意外な記事が多くあったのでこの内容にしました。投資をする方だけでなく、就職活動をしている方も気をつけてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました